×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安い自動車保険会社で契約更新しませんか!

安い自動車保険の見つけ方

NEWS

損害保険会社でつくる損害保険料率算出機構は、自動車保険の保険料の基礎となる「参考純率」を
平均で0.7%引き上げたと、2014年7月4日に発表した。

 

クルマの修理費が増加傾向にあることや消費増税の影響で、事故1件あたりの保険金支払額が
増えていることに対応した。

 

自動車保険の参考純率の引き上げは2009年以来5年ぶり。
損保会社は新たな参考純率をもとに今秋にも保険料を引き上げる見通し。

今秋にも自動車保険の値上げはほぼ間違いないでしょう。

 

この値上げに対して何もしなければ、高い保険料を払い続けなくてはなりません。
契約更新時期がこれからの方は、安い自動車保険に切り替えて契約更新手続きのチャンスはあります。

 

無駄に高い保険料を払わない選択肢を選んでみませんか?

 

自動車(任意)保険には、代理店型と通販型(ダイレクト自動車保険)があるようですがどちらを選ぶべきですか?

安い自動車保険なら迷わず、「通販型自動車保険」です!

なぜ通販型自動車保険は安いの?その仕組みは?

先ずは、ルーツからご説明します。

1996年から始まった金融ビッグバン(金融制度改革)により自動車保険も自由化が進み、
1997年にアメリカンホーム保険が日本ではじめて通販型自動車保険の販売を開始しました。

これにより、通販型自動車保険は普及し始めました。
自由化の波に乗り格安の保険料設定が可能となり「安い保険料の自動車保険」が登場しました。

 

更に詳しく・・・

 

自動車保険料の内訳は・・・
純保険料」と「付加保険料」に区分けできます。
純保険料は・・・契約者に対して保険金を支払うための原資です。
付加保険料は・・・保険金の支払い以外に必要な、広告費、人件費、代理店手数料、
           店舗経費などの会社の運営に充てられます。

 

お気づきですか・・・

 

低料金設定を可能にしたのは付加保険料なのです。

 

通販型自動車保険は電話やインターネットで契約可能なため、店舗を持つ必要がなく、
その経費や店舗運営に伴う店舗維持費、人件費、代理店手数料といったコストを抑えることで、
付加保険料を抑えて、割安な保険料を実現しているのが、通販型自動車保険の安さの秘密です。

安い自動車保険の見つけ方があるの?

はい!簡単に!手っ取り早く探す方法があります。
一括見積もりサービスがネットで利用できます。

 

このサービスは大多数存在する通販型自動車保険を取り扱う保険会社よりあなたが提示した条件や
オプションを取り入れた保障内容で安い保険料を提示した数社に絞込み見積書を開示します。
一度の簡単な入力作業で大多数の保険会社から数社に厳選されるので個々に見積もり依頼を
するより時短が可能です。そしてこのサービスが無料で利用できるサービスなのです。
本当にタダのサービスです!「自動車保険 無料一括見積もりサービス」なのです!
遠慮はいりません。ガンガン活用してください!

当サイトでは6つの無料一括見積もりサービスサイトを紹介します。
この中から選んで1サイトを利用しても、複数サイトを利用しても、全サイトを利用しても
無料なので気軽に利用してください。利用後催促等は一切ありません。